月に一回の投与|効果実証済みの薬を安く買う!ハートガードプラスを選ぼう

効果実証済みの薬を安く買う!ハートガードプラスを選ぼう

月に一回の投与

2種類の錠剤

予防薬という種類の薬は、要するに薬効成分を体の中に常駐させておいて、病気の原因が入り込んできたときにすぐ撃退することができる、そんな薬を指します。犬のためにあるフィラリア症の予防薬・ハートガードプラスもそのような薬となっています。
たとえばハートガードプラスの薬効成分はイベルメクチン、パモ酸ピランテルというものですが、これらの成分を一日も途切れさせることなく犬の体内に常駐させておくことで、フィラリア症の発症はしっかり防ぐことができるのです。
フィラリア症の原因になる寄生虫・犬糸状虫は蚊が運んでくる寄生虫なので、ということは少なくとも蚊が飛び回っている時期にはイベルメクチンやパモ酸ピランテルを常駐させておくべきであるといえます。
蚊が飛び回るのは、最近の気候状況からすると5月から10月あたりだと考えられます。春の終わりから秋の半ばまで、蚊は飛んでいます。
というわけでその時期、ハートガードプラスの成分を常駐させておくようにしましょう。
そのための方法は、難しくありません。ハートガードプラスを一錠ずつ、毎月与えることでそれは可能になります。ハートガードプラスに含まれるイベルメクチン、パモ酸ピランテルは約一か月間、犬の体内に留まるという性質を持っているのです。

Copyright © 2017 効果実証済みの薬を安く買う!ハートガードプラスを選ぼう All Rights Reserved.